フィリピン ニュース 🇵🇭 Philippine News! Vol. 163

フィリピン ニュース
🇵🇭 Philippine News!
Vol. 163

🇵🇭 セブ市 医療崩壊の状態に 全国一の感染数 拡大止まらず
外出制限など日常への規制が厳格さを増すセブ市では、深刻な医療崩壊も発生している
http://www.manila-shimbun.com/category/society/news252032.html

🇵🇭セブが感染の爆心地、自宅隔離が拡大を招く、周辺地域に拡大感染
https://philippinearekore.blog.fc2.com/blog-entry-2397.html?sp

🇵🇭 【フィリピンのニューノーマル】新しい生活様式を徹底解説!
https://primer.ph/blog/genre/all/what-new-normal-in-the-philippinse-looks-like/

🇵🇭 フィリピン:クルーズ船の乗務員 4万2千人が船から降りられず
https://www.digima-news.com/20200623_59006

🇵🇭 フィリピン:ダバオ湾岸道路が8月末に開通予定
https://www.digima-news.com/20200623_59016

🇵🇭 セブ州、2人目の市長が新型コロナに感染「フィリピンの新型コロナ感染確認者3万人超える」
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=6499&&country=12&&p=2

🇵🇭 日系企業、96%が操業再開 コロナで業績悪化も投資継続
フィリピン日本人商工会議所(JCCIPI)が実施した新型コロナウイルスの影響に関する緊急アンケートで、95.6%の日系企業が営業・操業を再開していることが明らかになった。6月初めから外出・移動制限措置が全国的に緩和されたことが背景にあるが、全従業員の出社には至っていない。

🇵🇭 スービック港にコロナ検査施設、赤十字
フィリピン赤十字社は19日、スービック湾開発庁(SBMA)と共同で、ルソン島中部サンバレス州のスービック自由港に新型コロナウイルスの検査施設を開設した。感染の有無を調べるPCR検査を1日2,000件実施できるという。ビジネスミラーが22日伝えた。

🇵🇭 物流コスト高が悪化、新型コロナの影響で
フィリピン・サプライチェーン管理協会(SCMAP)によると、新型コロナウイルスの流行を受け、国内企業の物流コストがさらに高騰している。22日付トリビューンが伝えた。

🇵🇭 4月の政府借入金、コロナ対策で7倍に
フィリピン財務省によると、4月の政府借入金は2,627億4,700万ペソ(約5,608億円)となり、前年同月の7倍に拡大した。新型コロナウイルス対策として、多額の財政支出を迫られたことが大きい。22日付地元各紙が伝えた。

🇵🇭 南シナ海の資源開発、政府が再開検討
フィリピンのクシ・エネルギー相は21日に発表した声明で、中国との南シナ海での資源開発に向けた協議再開を検討していることを明らかにした。外務省と共同で再開計画を策定している。22日付ビジネスワールドなどが伝えた。

🇵🇭 👶👶👶望まない妊娠、21万人超に
フィリピン人口委員会(POPCOM)のペレス委員長は19日、新型コロナウイルス対策での外出・移動規制による「望まない妊娠」が、来年までに約21万4,000件発生するとの推計を示した。

🇵🇭 不動産ロビンソンズ子会社、証取が上場承認
フィリピン証券取引所(PSE)は、不動産開発会社ロビンソンズ・ランド(RLC)の子会社アルタス・プロパティー・ベンチャーズの上場を承認した。アルタスは上場で10億ペソ(約21億円)の調達を目指す。22日付マニラスタンダードが伝えた。

上場は、子会社が所有する資産を親会社に移転させる際に多用される現物配当の形で実施する。アルタスが1株10.1ペソで普通株1億株(同社100%株)をロビンソンズに現物配当し、ロビンソンズは自社の51.93株を1アルタス株として交換して全て買い取る。

PSEの規則では、現物配当による上場が認められた場合、直接上場する必要がない。ロビンソンズはこの手法でのアルタスの上場を探り、3月に証券取引委員会(SEC)から承認されていた。

これまでに現物配当を実施する形で上場したのは、農業・食品事業を手掛けるアグリナーチャー(ANI)、電子機器受託製造サービス(EMS)大手インテグレーテッド・マイクロエレクトロニクス(IMI)などがある。

🇵🇭 アヤラ系電力の豪企業買収、現地当局が承認
フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション傘下の電力会社ACエナジーは22日、合弁会社UACエナジーがオーストラリアの風力発電会社インフィジェン・エナジーを買収する計画が、同国の外国投資審査委員会(FIRB)から承認されたと発表した。

FIRBの承認により、UACエナジーはインフィジェンの株主に対し、株式公開買い付け(TOB)を実施できる状況になった。TOBではインフィジェンの株式を1株当たり0.8豪ドル(約59円)で買い付ける。全株を取得した場合の取引額は7億7,700万豪ドルに上る。

UACエナジーは3日、インフィジェンに12.82%出資したと発表し、TOBで残る株式を取得する意向を表明していた。これまでに持ち株比率を13.4%に引き上げている。

一方、マニラタイムズによると、インフィジェンの取締役会はUACエナジーによる買収に抵抗しており、スペイン電力大手イベルドローラ系の再生可能エネルギー発電会社イベルドローラ・リニューアブルズ・オーストラリアによる買収で合意した。買収額は1株当たり0.86豪ドル、総額8億4,100万豪ドルと、UACエナジーの提示額を上回る。

UACエナジーには、ACエナジーが75%、ACエナジーとUPCリニューアブルズ・グループの合弁会社UPCリニューアブルズ・オーストラリアが25%をそれぞれ出資する。

🇵🇭🇯🇵🐠 融合効果で生鮮・惣菜の演出も進化 MEGAドン・キホーテUNY本庄店
https://news.yahoo.co.jp/articles/da65b5d3cf640832f84bb4f3cca216d345cb8161

🇯🇵日本にいる外国人が答える、訪れたい都道府県。二位は東京、一位は🥇?移動緩和で観光への関心調査
https://hint-pot.jp/archives/42712/2

🇵🇭 日本経済新聞
有罪判決のフィリピン記者 「報道の自由の危機」
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO60631280S0A620C2000000

🇯🇵🖥💻
日本のスパコン「富岳」、8年半ぶり世界一奪還
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO60655390S0A620C2MM8000

  この投稿記事はコメントを受け付けておりません。