4月 27. 2020年までのライセンスの更新、フランチャイズ、認定、PUV の登録およびその他の文書の拡張アプリケーション!

4月 27. 2020年までのライセンスの更新、フランチャイズ、認定、PUVの登録およびその他の文書の拡張アプリケーション

•作業再開から60日間延長。自動車登録、運転免許証、診断書、およびPETC排出ガス規制適合証明書(煙放出試験)が3月16日に作業再開日まで有効期限切れ。新規登録の場合、2020年3月5日から作業再開まで購入した車両または販売請求書が付いている車両については、販売が作業再開後15日以内に報告された場合、ペナルティは徴収されません。

•2020年3月16日に作業再開日までに失効した一時オペレーターの許可(TOP)は、ドライバーに一時ライセンスとしてTOPを使用することを許可しなくなります。2020年3月16日から作業再開までの期間は、付属ペナルティの計算には含まれません。ただし、そのようなTOPの懸念事項の和解/裁定は、作業が再開されると自動的に30暦日延長されます。

•PUVフランチャイズの更新と認定の申請を2020年7月31日まで延長しました。

★以下、本文全部🌱
DOTrファストファクト:拡張コミュニティ検疫の実装に沿ってDOTrがこれまでに行ったこと:

(2020年5月10日現在)

1.新興感染症の管理に関する機関間タスクフォース(IATF-EID)によって承認された、一般コミュニティ検疫(GCQ)の下の領域でのOMNIBUS公共輸送プロトコル/ガイドラインの実装。ECQが解除された場合に備えて、マニラ首都圏で同じプロトコル/ガイドラインを施行する準備をします。

2.提案された「ハチド・エスタディアンテ・プログラム」(5月10日現在)のための全国の座礁した学生からの申請数10,624件の申請。収集したデータを相互に照合します。
新興感染症の管理に関する省庁間タスクフォース(IATF-EID)に提案された「ハティド・エスタディアンテ」プログラムは、キャンパス、寮、アパートに立ち往生している学生が家庭内の家族に安全に帰宅できるよう支援することを目的としています。地方。

プロセスを迅速に開始するために、DOTrは現在、孤立した学生の人口統計に関するデータを収集して、プログラムの適切な運用を保証しています。

3.議会に提出され、COVID-19に対する政府の刺激策パッケージに含まれるために、影響を受けた公益事業車両(PUV)ドライバーおよび一般コミュニティ検疫(GCQ)の下で運用を再開したオペレーターに対する財政的および社会経済的支援の提案。提案には以下が含まれます。 •燃料補助金。
•繰延金利のローン。および
•後払いの追加利息はありません。
4.ハブとスポークを通じて、GCQエリアでの民間航空事業の再開を真剣に検討するよう指示

ハブアンドスポーク航空モデルを使用すると、マニラのニノイアキノ国際空港(NAIA)、マクタンセブ国際空港、パンパンガのクラーク国際空港(MCIA)を考慮して、航空会社は地域空港を代替空港ハブとして使用できます。まだECQの下にあるため、通常の民間航空業務は閉鎖されています。

5.「Seafarers Uwi-Pamilya Program」(5月8日)を通じて623人の船員
を支援このプログラムは、14日間の強制検疫を完了した座礁した船員が、海の航海を通じてビサヤとミンダナオの州に戻るのを支援することを目的としています。これは、OFWの本国送還に関するIATFサブタスクグループの主導です。

サブタスクグループは、運輸省(DOTr)、海外労働者福祉局(OWWA)、海事産業局(MARINA)、フィリピン沿岸警備隊(PCG)、フィリピン港湾局(PPA)、および検疫局( BOQ)。

6.ニノイアキノ国際空港(NAIA)ターミナル1および2に海外フィリピン人労働者(OFW)を返すための「ワンストップショップ」(OSS)を確立

4月23日の運用開始から2020年5月8日まで、両ターミナルのワンストップショップは合計で12,045 OFWを処理し、ターミナル1で8,587 OFW、ターミナル2で3,458 OFWを処理しました。

OSSは、COVID-19のさらなる拡散を防ぐことを目的とした14日間の強制検疫を受けるOFWを支援します。

NAIAに到着すると、OFWはBOQによる温度チェックを受け、健康宣言フォームに記入するよう求められます。DFAのケアキットとMIAAのMalasakitヘルプキットを使用して、DFA、DOT、MIAAのチームがOFWを歓迎します。その後、強制検疫報告がPCGとOTSによって行われます。PCGは、OFWのデータのエンコード、インタビュー、COVID-19のテストを実施します。完了すると、BIはOFWの出張書類をチェックします。書類が揃っている場合、OFWはカルーセルで荷物を受け取ります。OFWは、OWWAとMARINAの支援を得て、隔離期間を費やす隔離施設を特定します。PCGは、隔離施設でのOFWの輸送とチェックインを支援します。7日目と14日目、OFWはそれぞれ中間および事後の検査を受ける必要があります。検診後にクリアされた場合、検疫クリアランスが発行され、OFWはDOTr、PCG、OWWAおよび配属機関の助けを借りて彼/彼女の自宅に輸送されます。

OSSは、非OFW(海外のフィリピン人、外国人)にも対応しています。4月30日から5月8日まで、OSSは合計2,864の非OFWに対応しました。

7.立ち往生した船員を処理し、MARINA、PPA、およびマニラノースハーバーポート社(MNHPI)と協力してビサヤスとミンダナオに戻す「ワンストップショップ」の設立を実施する)および2GOグループ。

MARINAは船員を担当し、PPAとMNHPIは2GO船を使用して、航行前に必要な港湾サービスを提供します。

8.検疫施設として、サウスハーバーのピア15にあるエヴァマカパガルスーパーターミナルが稼働し、軽度のCOVID-19症状の患者に対応しました(2020年4月21日)。

DOTr、PPA、MARINA、およびPCGは、COVID-19処理施設にターミナルを改造して、特に首都圏(NCR)とその近隣の都市および地方における医療能力の不足に対処するのを支援しました。1億ペソの資金援助は、ロペスグループ会社から寄付されました。

PTBには、いくつかの健康/病気ゾーンに応じて均等に配置された211のキュービクルがあります。この施設には、COVID19を含むエアロゾルの拡散を防ぐために、COVID19患者の治療に必要な病院/医療機器と気密ドアが同様に装備され、提供されています。

2020年5月10日の午前7時の時点で、202か所の陸上OFWが処理施設に収容されています。

9. 2Go Shippingと連携して2つの検疫船を稼働させた

運輸省(DOTr)から一時検疫船としての任務を委託された2隻の民間旅客船は、現在、帰国する船員と他の海外フィリピン人労働者(OFW)を収容しています。

これは、国におけるコロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延に対する政府による封じ込めの取り組みを支援することを目的としています。復帰するOFWおよびその他の本国への帰還者は、COVID-19の拡散を阻止するための取り組みの一環として、14日間の強制検疫を行うよう保健当局から義務付けられています。

2020年5月10日の午前7時の時点で、2隻の船には124のOFWがあり、50が海上、74が陸上です。OFW 334人のうち265人が14日間の強制検疫を完了し、それぞれの地域に送られました。

10. 2020年4月7日の時点で合計193億ペソの配当を財務局に送金しました。

•マニラ国際空港公社-60億
ペソ
•フィリピン民間航空公社-60億ペソ•フィリピン港湾公社-50億ペソ
•ライトレール輸送公社-10億ペソ
•セブ港湾局
-5 億ペソ•マクタンセブ国際空港局-5 億ペソ
•ノースルソン鉄道公社-1億4千万
ペソ•クラーク国際空港局– 1億3,000万ペソ

11.予算管理省(DBM)に提出された、COVID-19を軽減するためのイニシアチブのために168億9,400万ユーロを解放する予算再編成プロジェクトのリスト

12.厳格なDOHおよびIATFプロトコルに従い、13の鉄道プロジェクトの制限付き作業のIATF承認済み再開を実装し
ます。つまり、次のとおりです。•MRT 3レール交換工事
•ライトレールトランジット(LRT-1)カビテ延長
•LRT-2イースト延長
•LRT -2 West Extension
•LRT-2 Fire Restoration
•MRT-7
•Metro Manila Subway
•MRT-LRT Common Station in North Avenue in Quezon City
•Philippine National Railways(PNR)Clark 1
•PNR Clark 2 and Calamba、Subic-Clark Railway
•PNRビコール。および
•ミンダナオ鉄道

ドゥテルテ政権の大規模なビルド、ビルド、ビルドプログラムに基づく13の鉄道プロジェクトは、マニラ首都圏や国の他の地域で強化されたコミュニティ検疫(ECQ)が施行されている中で、順調に進んでいます。

13.総労働者数698,374(3月18日〜5月9日)のDOTrフリーライドfor Health Workersプログラムを介して輸送される医療従事者 全国•最大545台の車両を全国に展開(4月24日)
•NCRの無料ライドプログラムを20ルート
•2020年4月20日から現在稼働中のCOVID-19施設に割り当てられた医療従事者の輸送ニーズに応えるために4ルートを改訂 •PLDT EnterpriseおよびVectras、Incと提携し、ライブロケーションをオンラインで閲覧できるようにsakay.ph GPSを備えたバスの例 •Sakay.PHと提携して、医療従事者が1つのモバイルアプリケーション/ Webサイトで車両のルート、旅行スケジュール、および現在地を検索できるようにします。 •Googleと提携して、20のNCR-マニラエリアのルートをGoogleマップに統合

14. DOTr Free Ride for Health Workers Programに参加する輸送会社に提供される燃料補助金、フェニックスペトロリアム、トータルフィリピン、クリーンフューエル、ペトロンコーポレーション、シーオイルフィリピンと協力して、2020年5月15日まで延長された以下の補助金:

•フェニックス石油燃料補助金:1日50リットルの燃料を1日60バスユニットに
提供•クリーン燃料補助金:合計810リットル(各ユニット40リットル)の燃料を
提供•ペトロンコーポレーション:50リットルのガソリンを提供毎日60バスユニットまで
•SEAOILフィリピン:15バスユニットに50リットルの無料燃料を提供

2020年5月8日の時点で、合計15台の車両ユニットが1日あたり30リットルを利用しています。1日40リットルの補助金の9台の車両ユニット、および合計135ユニットに1日あたり50リットルが与えられました。

15.ルソン島のすべての高速道路における通行料規制委員会(TRB)および通行業者との協力による医療フロントライナーの無料通行料

•3月30日から2020年5月8日までに、合計10,984のRFIDが発行されました。これは、サンミゲル(SMC)有料道路、北ルソン高速道路(NLEX)、カビテ高速道路(CAVITEX)、カビテラグナ高速道路(CALAX)からの累計です。 )、およびC5リンク。

16. DOTrフリーライドプログラムに参加しているフロントライナー向けに、スポンサーおよび民間ドナーを通じて提供される47,863の食事およびその他の食品アイテム(3月19日から5月8日)

17. DOTr Free Ride for Health Workers Programがサービスを提供する19の病院を含む、全国のさまざまな交通ハブにDOTr Malasakit Helpdesks(MHD)を設置

18.フィリピンのランドバンクと協力して、PHP 181,600,000.00(5月8日)に相当する合計22,700の公共ユーティリティビークル(PUV)ドライバーへの現金支援の配布においてDSWDを支援しました。

19. ECQで免除された民間施設およびフロントライナーを輸送するPU​​Vに輸送サービスを提供するために、PUVオペレーター(5月8日)に2,644ユニットの合計1,121の特別許可を発行します。

20.南部、北部、NCR内を通過するOFWの乗客を10,253人支援(5月8日現在)

21. OWWAおよびDFAと協力して輸送された1,720人の本国送還OFW(5月8日現在)

22.陸上輸送局(LTO)リージョン7に引き渡されました。マラサキットラウンジとドゥテルテ人民ホールがセブシティメディカルセンター(CCMC)に向かい、病院のフロントライナーの一時的な宿舎として機能しました。

23. PUVMPに関連する貸付金の猶予期間の提供について銀行と調整

a。フィリピンのランドバンクと協力して、SPEED PUVプログラムに基づいて借入人に30日間の猶予期間を提供しました。

b。PASADAプログラムに基づく猶予期間の提供、およびCOVIDの影響を受けるプロジェクトやビジネスに財政支援を提供するDBPの重度のイベントに関するリハビリテーションサポートプログラム(DBP RESPONSE)の提供について、フィリピン開発銀行(DBP)と調整19パンデミック。
24.国の航空業界とその利害関係者に対するCOVID-19の経済的影響を緩和するために、全国のすべての空港コンセッションに「レンタルホリデー」と「レンタル料金の延期」を実装しました。

マニラ国際空港公社(MIAA)とフィリピン民間航空公社(CAAP)に、空港コンセッショネアに「レンタル休暇」を1か月間延長し、翌月には拡張コミュニティ検疫(ECQ )期間。必要に応じてさらに延長し、定期的に毎月レビューします。

5月15日までレンタル休暇の実施を延長し、空港コンセッショネアのレンタル料金の徴収を延期

25. 1年間延期され、CAAPが運営する空港での国内線および国際線の着陸/離陸および駐車料金の徴収。支払いの延期は2020年3月12日に始まり、2021年3月12日まで有効になります。

MIAAの場合、地元の航空会社の航空料金の徴収も、2020年3月1日の請求に有効な1年間延期されました。ターミナルで営業しているすべてのコンセッショネアのレンタル料金(チェックインカウンター料金を含む)は、2020年3月15日から2か月間、またはECQの予定された終了日まで免除されます。

26.港湾賃借人および港湾ターミナルオペレーターに対する延長レンタルおよびコンセッション料金の支払い

PPAは2020年4月23日に覚書Circular No.17-2020を発行し、すべての資格のあるPPA賃借人および港湾ターミナルオペレーターに、継続的な利息、罰金なしに、ECQの期間内にあるレンタル会費およびコンセッション料金の最低30日間の猶予期間を付与しました。手数料およびその他の料金。支払うべき30日以内に、ECQ期間内の家賃またはコンセッション料金の最後の期日から計算します。

27. 2020年4月までのライセンスの更新、フランチャイズ、認定、PUVの登録およびその他の文書の拡張アプリケーション

•作業再開から60日間延長。自動車登録、運転免許証、診断書、およびPETC排出ガス規制適合証明書(煙放出試験)が3月16日に作業再開日まで有効期限切れ。新規登録の場合、2020年3月5日から作業再開まで購入した車両または販売請求書が付いている車両については、販売が作業再開後15日以内に報告された場合、ペナルティは徴収されません。

•2020年3月16日に作業再開日までに失効した一時オペレーターの許可(TOP)は、ドライバーに一時ライセンスとしてTOPを使用することを許可しなくなります。2020年3月16日から作業再開までの期間は、付属ペナルティの計算には含まれません。ただし、そのようなTOPの懸念事項の和解/裁定は、作業が再開されると自動的に30暦日延長されます。

•PUVフランチャイズの更新と認定の申請を2020年7月31日まで延長しました。

•STCW証明書の有効期間を、証明書の有効期限が切れる日から2か月を超えない期間、国際貿易に従事するすべてのフィリピン人船員に拡張しました。

•フィリピン籍船に発行された法定証明書を国際貿易で2020年5月31日まで延長

•航空安全保障(Avsec)および海上安全保障(Marsec)のスタッフ/人員および訓練機関、センター、学校(ICS)の認定をECQ後90日間延長

28. 2020年3月19日、ECQに関連するトランスポートクエリに対応するために緊急運用センター(EOC)を設立

2020年5月9日の時点で、DOTr EOCは、合計4,692件の懸念事項/クエリ、およびDOTr公式Facebookページでの合計8,839件の懸念事項に対応しています。

29.荷造りの妨げにならない輸送の促進

フィリピン港湾局(PPA)およびセブ港湾局(CPA)の管轄下にあるすべての港湾は、ECQ後も開いたままで運用可能です。

5月7日の時点で、合計4,000のTEUがMICTからNHに移管されました。これにより、合計3,685のコンテナが荷受人にリリースされ、315のコンテナがNHに残っています。

2020年5月7日、ATIサウスハーバー(ATI-SH)のヤード稼働率は68%、ICTSI-MICTは55%、ノースハーバー(NH)は33.3%でした。

DOTr-PPAは、港での貨物の滞りのない移動を確保するために、以下のポリシーを制度化しました。

a。PPAは、船荷証券や配達注文などの貨物文書が、港湾、内陸コンテナデポ、または倉庫へのトラックの移動の目的に十分であるというポリシーを採用することにより、妨げられないトラックの流れを促進しました。

b。4月8日に発行されたMC No. 15-2020のタイトルは、「COVID-19パンデミックによる強化されたコミュニティ検疫(ECQ)中のPPA許可の処理に関するガイドライン」です。それはとりわけ、緊急の承認と拡張および承認を提供します。2020年3月17日より前に期限が切れ、ECQの有効期間中に期限が切れるすべての許可の有効期間は、2020年6月30日まで、またはECQ実装の解除までのいずれか遅い方まで延長されたと見なされます。

c。2020年4月7日、PPA MC No. 14-2020を発行し、PPA MC No. 13-2020を修正して、ポートを通過するトラックとドライバーおよびヘルパーの要件をさらに緩和しました。トラックの運転手とヘルパーは、PPAによって実施されている安全衛生対策のみを条件として、最終目的地への進入を可能にするために、港への出入りが妨げられないようにする必要があると述べています

d。2020年4月3日に発行されたPPA覚書通達(MC)No. 13-2020を発行し、ボディを通過するかどうかに関係なく、国内のある港から別の港に貨物を運ぶトラックを提供することにより、MC No.10-2020を修正または水域は、上記の港への出入りが継続的に許可されるものとする。

e。DTI、DAおよびBOCと共同で「強化されたコミュニティ検疫の期間中の冷蔵コンテナおよびドライバンの迅速なリリースのためのプロセスの採用」と題された合同行政命令(JAO)No. 20-01に署名および発行。

DOTrとPPAは、貨物の所有者と荷受人が滞留貨物を撤回し、マニラ国際コンテナターミナル(MICT)内の必要な空きスペースを確保し、食品などのコロナウイルスパンデミックに対するキャンペーンで政府が必要とする入荷貨物に道を譲るよう呼びかけ続けましたアイテム、保護具、薬。

30.食料、医薬品、その他の重要なニーズの供給の持続可能性を確保するために、本質的な飛行の妨げられていない動きを促進した

•3月25日から5月8日まで、CAAPは合計11,841便を収容しました。3月25日以来、14,918人の乗客がスイーパー便で宿泊されています。 •クラーク国際空港(CRK)は、重要な貨物便を運航するために引き続き運用されています。3月24日以降、CRKは合計362の貨物便にサービスを提供しています。 •3月24日から5月8日まで、マクタンセブ国際空港(MCIA)は合計575便に対応しています。
•マニラ国際空港局(MIAA)は、3月24日から5月8日までの1,352の貨物便を受け入れ、支援しました。さらに、MIAAは一般的な航空飛行を促進し続けています。3月24日から5月7日まで、4,411人の乗客に対して773の一般航空便を収容することができました。 •Civil Aeronautics Board(CAB)は、2020年3月24日から5月8日までの合計1,598の貨物便を承認しました

31. 2020年3月24日から5月8日まで
の人々の基本的な飛行の妨げられない移動を促進•MIAAは、合計54,666人の乗客が搭乗する630便を促進
•MIAAは、合計151機のスイーパー/チャーター便、16,322人の乗客を収容しました。
•MIAAは、20,685人の帰還者のための158回の帰還飛行を支援した。
•CABは合計9,432の旅客便を承認しました

32.フィリピン沿岸警備隊(PCG)による海上安全とセキュリティの継続的な実施

以下の活動は、ECQの開始から2020年5月1日までPCGによって完了しました。

•投与COVID-19 14430送金たOFWs(08に4月19日月)の合計に対する迅速診断テスト(RDT)
:•以下のRT-PCR試験の総数投与
月2以来8029たOFWsの-
– 2,170たOFWsのに5月7日以降のクルーズ船
-エヴァマカパガル治療施設に202 隻のOFW。
-パラシオデマニラに246 OFW。
-5月7日以降、他の政府機関の180人の職員。
•NAIAから別の検疫施設への輸送中に2,422人のOFWを支援し、セキュリティを提供した。
•13のPCG地区の責任範囲内で268の検疫管理ポイントの配置を支援(5月8日)
•合計96,766隻の船舶を検査(3月24日から5月8日)
•30491の海上オペレーション(5月8日から3月24日まで)に出演
•325733人の漁師や船舶の乗組員(30 March- 5月8日)に医学的スクリーニングを実施
•109102人のトラックの運転手に医学的スクリーニングを実施/ポート(4月8日- 08May)を入力ヘルパーは
•提供します53,838人の受益者への食品パックおよび/または救援物資(4月3日〜5月8日)
•全国で合計9,784,336フィリピンペソ(4月3日〜5月8日)の概算量の医薬品を配布
•対象となる4月19日から5月8日までの合計14,430人の帰国したOFW、
3月17日から5月8日までにPCGのLibreng Sakayプログラムを通じて2,663人のフロントライナーと医療従事者、および医療支援を必要とする106人の乗客

33.船員への援助

•確立されたMalasakitヘルプデスクと空港および港湾のSalubongチームを通じて28,443人の帰還船員を
支援•MARINA-OWWA Tulong sa Marinoプログラムを通じて117,772人の船員(4月1日から5月8日)を支援 •合計40,812人の船員の状態を監視および記録(5月8日)MARINA- OWWA共同オンラインモニタリングフォームを通じて。 •立ち往生している船員から移動船員用モバイルヘルプデスク(MARINA)を介して、合計5,366回の呼び出し(4月6日〜5月8日)に応答

34.合計4,615人の避難民とその他のサービスプロバイダーに提供されたフードパック(PHP 1,859,523相当)。(PPA)

35.新鮮な果物や野菜、肉や魚製品などの生鮮食品の継続的な流れにサービスを提供するために、10個のReefer Container Vansを「Palamigan ng Bayan」(5月7日)として導入。これらの冷たいリーファーは、全国の次の自治体/都市に配達されました。すなわち、Dingalan、Aurora(1); トゥビゴン、ボホール(1); クラベリア、カガヤン(1); イロイロ市(1); バターン州(2)Ormoc、Leyte(1)、およびCebu(3)。

36.主要な場所での除染手順(衛生ブースと手洗いステーションの設置)を強化するようDOTr付属機関に指示

37. 150,000個のフェイスマスク、5,952個の缶詰商品、アルコール、消毒剤をさまざまな病院、医療従事者、その他の第一線の従業員に配布

#DOTrPH🇵🇭

  この投稿記事はコメントを受け付けておりません。